お知らせ

HOME > お知らせ

RSS

埼電工広報5月号を発刊しました。

2019/05/07

埼電工広報5月号を発刊しました。是非ご覧下さい。

埼電工広報5月号はこちら(PDF)

参考
過去の広報誌 1年分

過去の新聞掲載記事

沼尻芳治理事長(ふかや市商工会会長)が「初代渋沢栄一翁そっくりさんコンテスト」の候補に

2019/05/07

青年部会第34回通常総会を開催 新会長に江野一政氏

2019/04/26

当工組の青年部会(髙橋英之会長)は4月26日(金)にさいたま市北区の埼玉電気会館5階大会議室において「第34回通常総会」を開催、平成30年度事業報告及び決算報告などを審議しました。
 更に任期満了に伴う役員改選が行われ、新会長に江野一政氏(東松山支部)を選出するとともに、副会長に中島直也氏(熊谷支部)、赤池忠徳氏(志木支部)、栗原裕司氏(本庄支部)の3名を、中央会担当理事に沼尻務氏(本庄支部)を選任し、髙橋会長(秩父支部)は相談役理事に選任されました。
 通常総会は、午後4時から栗原裕司副会長(本庄支部)の司会のもと、荻野英樹副会長(久喜支部)が開会の辞を述べ、通常総会がスタートしました。
 
新聞に掲載されました。記事はこちら(PDF)

決意を述べる江野新会長


 通常総会の冒頭、髙橋会長が挨拶し、出席者にお礼の言葉を述べた。来賓祝辞では、沼尻芳治理事長の代理として加藤宗一副理事長が登壇し、青年部会への期待を込めた祝辞が送られました。
 続いて、議長に森田進一代議員(志木支部)、副議長に小川博勝代議員(越谷支部)をそれぞれ選出し、議事に入り平成30年度事業報告及び決算報告、平成31年度事業計画及び収支予算などを審議し、原案の通り満場一致で承認した。さらに任期満了に伴う役員改選が行われ、新役員の選出を原案の通り満場一致で承認されました後、外村達也顧問理事(川口支部)が閉会の辞を述べ、総会が終了しました。
 その後、第1回役員会で会長に選任された江野新会長が青年部会の運営について力強く抱負を述べました。

江野新会長を囲んで参加者全員で集合写真


 続いて、表彰式が行われ、髙橋前会長から優秀支部の2支部青年部会、特別協力表彰の10支部青年部会、優秀会員表彰の4名にそれぞれ表彰状と副賞がそれぞれ贈られ、一連の行事が終了しました。
 表彰受賞者は次の通り。

【優秀支部表彰】
▼秩父支部青年部会(髙橋英之会長)▼東松山支部青年部会(西島堅一会長)

【特別協力表彰】
▼浦和支部青年部会(積田優会長)▼大宮支部青年部会(河端洋会長)
▼川口支部青年部会(田部井崇会長)▼久喜支部青年部会(浜田和巳会長)
▼行田支部青年部会(久保学会長)▼熊谷支部青年部会(中島直也会長)
▼飯能支部青年部会(杉山清一郎会長)▼志木支部青年部会(赤池忠徳会長)
▼越谷支部青年部会(栁田信吉会長)▼草加支部青年部会(佐藤力会長)

【優秀会員表彰】
▼熊谷支部=中島直也氏(㈱日永電気)▼上尾支部=尾崎照雄氏(㈲アカシ電業)
▼志木支部=木幡昌次氏(㈲木幡電気商会)▼越谷支部=村川周平氏(村川電気工業㈱)

埼玉電気会館で消防訓練を実施

2019/03/27

当工組は、3月27日(水)に、埼玉電気会館において消防訓練を実施しました。今回の訓練は、火災、地震、その他の災害の予防及び人命の保護を図ることを目的とした訓練で、職員一人一人の認識・習得レベルを高め、災害時に適切かつ迅速に対応できる動作を身に付けるために実施しました。
訓練は、2階の倉庫から火災が発生したとの想定の下、第一発見者の通報によりスタートした。自衛消防隊の編成は、①指揮係、②通報連絡係・救護係、③消火係、④避難誘導係、⑤搬出係の5班で編成され、各人が自分の役割を認識して迅速に行動し、避難場所で、指揮係の河野隆常務理事が無事に全員避難したことを確認して、自衛消防隊長の細田和成専務理事へ報告しました。
その後、防火管理責任者の河野常務理事が講評を述べると共に、避難の際の注意喚起を教育し、訓練を終了しました。

避難終了後、集合する消防訓練参加者

沼尻理事長が全日青年部評議員会で講演

2019/03/14

当工組の沼尻芳治理事長(全日電工連副会長)は3月8日(金)に東京都港区の全日電工連会館で行われた全日電工連青年部協議会の評議員会に講師として招かれ、全国の電気工事組合の青年部会長に対して講演を行いました。
講演は「未来のリーダー像」をテーマとして、沼尻理事長自身の体験談をもとに経営者、組合のリーダーとしての心構えなどについて講演を行い、参加者は真剣に聞き入っていました。
その後、「未来のリーダー像」をテーマに各青年部会長で意見交換会が行われ、沼尻理事長の講演を参考にして、各工組の青年部会のリーダーとして成長できた点や反省点を意見交換したが、その中で沼尻理事長の講演に大変感銘を受けたという発言が多く、大変有意義な講演となりました。

未来のリーダー像について語る沼尻理事長

ISO維持審査を受査

2019/03/14

当工組の本部事務局は、3月6日(水)・7日(木)の2日間、「ISO統合マネジメントシステム(ISO9001:品質、ISO14001:環境、ISO27001:情報)」の維持審査をインターテック・サーティフィケ―ション㈱の審査員の竹田晴樹氏、久保武志氏から本部事務局の各業務について受査しました。
審査は、各業務についての聴取、書類の確認及び現地での質疑応答が実施されましたが、今回の審査では重大な不適合及び軽微な不適合等の指摘はなく、審査は終了しました。

オープニングミーティング

審査を受ける事務局員

キャラクター「テプコン」の外壁懸垂幕・のぼり旗等を会館に掲示

2019/02/21

東京電力エナージーパートナー(東電EP)㈱のキャラクター「テプコン」の外壁懸垂幕とのぼり旗がそれぞれ埼玉電気会館の外壁と入り口に立てられました。懸垂幕の掲揚の際にはテプコンも会館に訪れ、沼尻理事長らと掲揚式を行いました。また、ポスターは入り口から正面の事務室の窓や会館内の各所に貼られ、会館に訪れた方の目に留まる場所に掲示されました。
 これからは、埼電工組と東電EP㈱との協業により、電気・ガスの使用についてお客様に東京電力を選択して頂くことに取り組んでいきます。
 懸垂幕・のぼり旗等の掲示は、今後も引き続き息の長い取り組みを実施していくために組合との協業事業の第1歩となります。
 また、当組合では、東電EP㈱が1月11日から4月14日まで行っている「TEPCOで電気・ガスをまとめると初月ガス代半額キャッシュバック」キャンペーンに合わせ、「おともだち紹介活動」を実施しています。
是非、この機会に東電EP㈱の電気・ガスへの切り替えをご検討ください。
懸垂幕とテプコン
役職員とテプコン

認定訓練・講習会情報を更新

2019/02/13

越谷総合技術高等学校で電気工事業PR事業 資材の贈呈とPR講演を実施

2019/02/06

当工組の越谷支部(村川周一支部長)は2月6日(水)の午前10時から越谷市谷中町の越谷総合技術高等学校で「電気工事業PR事業」として第二種電気工事士技能試験講習用資材の贈呈と電気工事業PR講演を電子機械課の1年生72名に対して行いました。
当日は未来開発会議の栁田信吉議長の司会進行のもと、主催者の村川支部長が挨拶の後、第二種電気工事士技能試験講習用資材の贈呈式を行い、村川支部長から越谷総合技術高等学校の市村洋子校長に、技能試験に向けた資材として、約10万円相当分の2種類のケーブル20把の目録が贈呈されました。

資材の贈呈


続いて、電気工事業PR講演を行い、組合本部の技術研究開発委員会の池田孝太郎委員長から自身の経験に基づいた①電気工事士となった経緯②職業選択、会社選択をするにあたっての考え方③地元で働くことのメリットなどについて丁寧に語り、生徒達は真剣に聞き入っていました。
その後、電気工事業PR映像が放映され、電気工事業界の現状や組合員企業で働く方達の生の声などが紹介されました。
最後に質疑応答が行われ、電気工事士等の資格取得のことなどについて多くの活発な質問があり、青年部会の逆井麻揮会計らが丁寧に回答し、生徒達の疑問に答え、大変有意義な電気工事業PR事業となりました。

新聞に掲載されました。記事はこちら(PDF)

PR講演

第43回花園節分祭で東電EPの電気とガスをPR

2019/02/04

当工組は2月3日(日)に深谷市小前田の花園農業者トレーニングセンターで開催された「第43回花園節分祭」にブースを出展し、東京電力エナジーパートナー㈱の電気とガスのPR等を行いました。
当日は午前9時に開会し、午前10時から30分ごとに豆まきを行い、沼尻芳治ふかや市商工会会長(当工組理事長)が登壇した場面では、ゲストの力士の他、東京電力エナジーパートナー㈱のマスコットの「テプコン」も登壇し、会場を盛り上げました。
ブースでは東京電力エナジーパートナー㈱の電気とガスのティッシュペーパーやお子様向けのマスコットの「テプコン」のシール、更には「テプコン」と記念撮影をした方には「テプコン」のぬいぐるみストラップが渡され、子供達は大喜びし、一緒に来場した保護者の方々に強くPRすることができました。当日は約3,300名が来場し、大変有意義なPR活動となりました。

豆まきの様子

参加者一同

前のページへ 次のページへ