お知らせ

HOME > お知らせ

RSS

電気使用安全月間キャンペーン 飯能支部と所沢支部が市役所などを訪問

2021/09/16

経済産業省が主唱して毎年8月1日から31日の期間に実施している「電気使用安全月間」において、飯能支部(後藤健支部長)と所沢支部(西澤長次支部長)が電気の安全な使用に関する知識を広く普及するため、各支部が所在する市役所等を訪問して電気の安全使用への協力を依頼しました。
 飯能支部は、後藤支部長以下5名で8月2日(月)に越生町・毛呂山町・鳩山町、3日(火)に日高市の4市町を訪問。所沢支部は、西澤支部長以下5名で8月27日(金)に所沢市・入間市・狭山市・三芳町の4市町の役所をそれぞれ訪問しました。

小峰孝雄鳩山町長と参加した飯能支部組合員

小谷野剛狭山市長と参加した所沢支部組合員

埼電工広報9月号を発刊しました。

2021/08/30

埼電工広報9月号を発刊しました。是非ご覧下さい。

埼電工広報9月号はこちら(PDF)

参考
過去の広報誌 1年分

第57回電気保安功労者経済産業大臣表彰 個人の部で佐藤副理事長(大宮支部)、大竹氏(大宮支部)が受賞

2021/08/06

経済産業省(梶山弘志大臣)は8月3日(火)、「第57回電気保安功労者経済産業大臣表彰式」を開催しました。
この表彰は、電気保安に関し保守運営体制や管理体制の優良なもの、保安教育の推進や安全思想の普及など多年にわたり努力してきたものを表彰するため、昭和39年に創設されたもので、当工組からは、「個人の部」で佐藤隆行副理事長(大宮支部長、㈱ハスヌマ電気 代表取締役社長)と大竹智富氏(大宮支部、大竹電機㈱ 代表取締役社長)が受賞に輝きました。

佐藤隆行副理事長

大竹智富氏

組合創立70周年記念式典の中止について

2021/08/05

平素は組合事業にご理解、ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
 
 組合創立70周年記念式典につきまして、令和3年7月27日定例理事会において中止することが決定いたしました。
 
 本決定にご理解の程、よろしくお願いいたします。

全日電工連オートリース促進キャンペーン表彰を受賞

2021/07/06

当工組は、全日本電気工事業工業組合連合会(全日電工連)の「オートリース促進キャンペーン」において優秀な成績を収めたので、6月30日(水)の全日電工連の総会において表彰されました。
これは、全日電工連オートリース制度の令和2年度の年間活動に対する表彰を行ったもので、全国の各工組に対して、オートリース制度の更なる普及、定着を図り、成約の増加を推進するもので、当工組は「年間の部」で第3位、「キャンペーン期間の部」で第4位を獲得し、表彰盾が贈呈されました。

共同購買事業調整会議を開催 電材店様に感謝状等を贈呈

2021/07/06

当工組の共同購買委員会(西藤新委員長)は7月1日(木)に埼玉電気会館で共同購買事業調整会議を電材店様14名、当工組からの参加者10名で開催しました。
会議の冒頭に感謝状等贈呈式を行い、令和2年度の実績から次のとおり感謝状等の贈呈を行いました。

・売上高実績 第1位から第3位(感謝状)
新明電材㈱   様
東和電材㈱   様
トシン電機㈱  様

・目標達成(感謝状)
藤井産業㈱   様
ミューテクノ㈱ 様

・前年比増販率 第1位(感謝状)
ミューテクノ㈱ 様

・前年比増販率(クオカード)
東和電材㈱   様
トシン電機㈱  様
牛山電工㈱   様
岡田電気産業㈱ 様
杉本電機産業㈱ 様

共同購買事業調整会議

感謝状等贈呈式

全日電工連第三者損害賠償制度で優秀賞を受賞

2021/07/06

当工組は全日本電気工事業工業組合連合会(全日電工連)の令和2年度の第三者損害賠償制度において優良な制度運用をしたため、6月30日(水)の全日電工連の総会時に、優秀賞を受賞しトロフィーが贈呈されました。
この優良賞は第三者損害賠償制度の加入率70%以上、年間の損害率20%以下の工組に対して授与されるもので、当工組は加入率、損害率の双方が基準に達したため今回受賞しました。

認定訓練講習会の日程追加及び変更について

2021/07/02

※ 墜落制止用器具「フルハーネス型」使用作業特別教育
日程追加
第3回: 9月5日(日)
第4回: 9月12日(日)
第5回: 9月18日(土)
第6回: 10月4日(月)
第6回: 11月22日(月)

※ 小型車両系建設機械(3t未満)
日程変更
変更前:9月8日(水)・9日(木)
変更後:9月27日(月)~28日(火)

認定訓練講習会情報はこちら

工業高校に技能試験講習用資材を贈呈

2021/06/19

当工組は、6月19日(土)の令和3年度埼玉県工業高校生ものづくりコンテスト電気工事部門の表彰式後に、埼玉県内の全15工業高校へ第二種電気工事士技能試験講習用資材の贈呈式を行い、沼尻理事長の代理として加藤宗一副理事長から埼玉県工業高校校長会の清水雅己会長(埼玉県立大宮工業高等学校校長)に、今年度の技能試験に向けた資材として、約220万円相当分の5種類のケーブル約420名分の目録が贈呈されました。
 この事業は、埼玉県内の15の工業高校に対し、第二種電気工事士試験の技能試験の実技講習で使用する資材を支援するとともに、技術指導の講師を派遣し、より多くの工業高校生徒が第二種電気工事士を取得し、埼玉県の若年技術者の育成と製・販・工の電気工事業界への人材の流入を促進し、人材不足の解消を図り、業界の発展に寄与すること目的としています。

目録を贈呈する加藤副理事長(右)と受け取る清水校長(左)

工業高校生ものづくりコンテスト電気工事部門を全面支援 青年部会が審査を担当

2021/06/19

当工組は6月19日(土)に、埼玉県工業教育研究会が開催する令和3年度埼玉県工業高校生ものづくりコンテスト電気工事部門の競技会場・競技用材料・賞品の提供、審査員として青年部会(赤池忠徳会長以下4名)の参加など、コンテストを全面的に支援しました。
競技内容は、合板パネル上に配線図で示された低圧屋内配線工事を指定された材料と工具を使用して制限時間内(100分)に施工するもので、各選手は、日頃の実習の成果を十分に競い合った。
コンテストの結果は、最優秀賞に川越工業高等学校3年生の山﨑良太さん、優秀賞に熊谷工業高等学校3年生の高野恭介さん、優良賞に秩父農工科学高等学校3年生の島﨑陽向さん、特別賞に久喜工業高等学校3年生の鵜飼太陽さんが入賞し、沼尻芳治理事長の代理として出席した加藤宗一副理事長が入賞者4名に表彰状とメダルを贈呈しました。

大会関係者一同(写真撮影時だけマスクを外しています。)

競技の様子

次のページへ