お知らせ

HOME > お知らせ

RSS

婚活パーティーの開催について

2018/08/10

(一社)埼玉県電業協会 埼玉県電気工事工業組合 共同開催
 
 埼電工組では組合員の皆様の福利厚生の一環として、婚活パーティを開催することと致しました。
 電気工事業界で勤務する者の職場の定着化を主眼に、自らのライフサイクルの確立と社会的な自立を促し、電気工事業界で活躍する人材を育むイベントとしたいと思います。つきましては、参加要件に合致する方にはイベントへ積極的にご参加頂きますようお願い致します。
 ご好評頂いており、前回もカップルが誕生致しました。

1 開催日時 平成30年11月4日(日)15:30~17:30
       (15:00より受付開始)
2 会  場 建産連会館1階「カフェ ビストロ ルヴァン」
       〒336-0031 埼玉県さいたま市南区鹿手袋4-1-7
       (JR武蔵浦和駅から徒歩9分)
       TEL:048-711-3681
3 参加要件 未婚の男女 原則として年齢20歳~50歳位
4 募集人数 男女各11名(合計22名)
       申込者多数の場合は抽選で参加者を決定させて頂きます。
5 参 加 費  男性3,000円 女性:2,000円
       (お支払方法につきましては、参加者の皆様にのみ後日お知らせ致します。)
6 服  装 自由(男性はジャケット着用をお勧めします。)
7 応募締切 平成30年9月18日(火)までに別紙「婚活パーティー参加申込書」をFAX、郵送またはメール(連絡先参照)にて参加者様から直接本部事務局宛にお申込み下さい。

参加申込書(ワード)     参加申込書(PDF)

第54回電気保安功労者経済産業大臣表彰に久喜支部長の弓木訓氏

2018/08/03

当工組久喜支部の支部長で、㈱弓木電設社の弓木訓専務取締役が、第54回電気保安功労者経済産業大臣表彰の「個人の部」を受賞し、東京都千代田区の東海大学校友会館「阿蘇の間」で行われた表彰式に出席しました。
この表彰は、電気保安に関し、保守運営体制が優良なもの、管理体制の優良なもの、保安教育の推進や安全思想の普及などに永年にわたり努力してきたものを表彰するため、昭和39年に創設されたものです。

経済産業大臣表彰受賞する弓木氏

弓木氏夫妻 全日電工連会長、全関協会長

婚活パーティーを開催 電業協会と共催 今回もカップルが成立

2018/07/22

当工組と一般社団法人埼玉県電業協会は共催で、7月22日(日)午後3時30分からさいたま市南区の建産連会館1階「カフェ ビストロ ルヴァン」で「婚活パーティー」を16名の参加者で開催しました。
この婚活パーティーは(一社)埼玉県電業協会の会員及び埼玉県電気工事工業組合の組合員の福利厚生の一環として、電気工事業界で勤務する者の職場の定着化を主眼に、自らのライフサイクルの確立と社会的な自立を促し、電気工事業界で活躍する人材を育むイベントとすることを目的として開催されており、今回で3回目の開催となります。
当日は当工組事務局の西川潤主任の司会進行のもと、同主任の乾杯の発声の後に、パーティーがスタート。参加者は1対1でのトークタイム、フリートークでの歓談タイムなどで終始和やかな雰囲気で交流を深めていました。
最後にカップリングを行い、1組のカップルが成立し、パーティーが終了しました。
埼玉県電業協会の荒川清江専務理事は「今回は、人数を抑え、申込時に提出頂いた参加者のプロフィールカード情報等手元資料としてお配りし、お話がしっかりできるような雰囲気づくりに努めたことで、手作り感満載の和やかな会になったと思われます。また、当日の会場のスタッフも双方若干名とし、参加される方々の匿名性を確保しました。反省点等両団体で話し合いながら、これからも参加される方の気持ちを第一に、次回の開催へ結び付けていきたいと考えています。」と語っていました。

会場の「カフェ ビストロ ルヴァン」

埼電工広報7月号を発刊しました。

2018/07/10

埼電工広報7月号を発刊しました。是非ご覧下さい。
(平成30年5月号からデザインを少しリニューアルしました。)

埼電工広報7月号はこちら(PDF)

参考
過去の広報誌 1年分

過去の組合員訪問インタビュー

過去の新聞掲載記事

スキルアップ研修会を開催

2018/07/09

「IoTで変化を商機に!」

当工組は7月9日(月)の午後1時30分からさいたま市北区の埼玉電気会館5階大会議室において、「スキルアップ研修会」を開催しました。
研修会では、パナソニック㈱エコソリューションズ社埼玉電材営業所電材営業二課課長の平尾初氏ら3名が講師を務め、IoTの現状、未来予想や産業界・電力業界への影響、住宅のIoT、スマートハウス、ビル・工場のIoT、エマネージなどについてパワーポイント等を使い丁寧に説明しました。
その後、工事部の美納智次理事・工事課長の説明のもと、埼玉電気会館におけるBEMSやIoT、蓄電設備を使った省エネルギーの取り組みが紹介され、研修会が終了しました。
この研修会は全日電工連が提唱する「スキルアップ研修会」の知見拡充研修において「業界の未来に関する最新の知識、最新の電工動向、業界の将来に係る情報、スマート社会に対応した電気設備提案(Smart Power運動)に関する情報等」を習得するために行われたものです。

新聞に掲載されました。記事はこちら(PDF)

研修会の様子

全関協の平成29年度主要事業評価で感謝状 12年連続で第1位

2018/07/06

当工組は6月14日(木)の公益社団法人全関東電気工事協会(沼尻芳治会長)の総会前の感謝状贈呈式において、平成29年度事業計画のうちの主要事業の評価で、優秀な成果を挙げたことにより、感謝状が贈呈されました。
全関協が事業活動の活性化を図ることを目的として、平成29年度事業計画の中から主要事業として「新会員の加入促進」、「施工証明書制度の定着化」及び「各種報告業務による事業管理」等の8項目を重点項目と指定して評価するもので、当工組はその評価において第1位となりました。
この評価は平成14年度から実施されており、当工組は平成18年度から12年連続で第1位を獲得しています。

感謝状を受領する加藤宗一副理事長(左)

全日電工連オートリース促進キャンペーン表彰を受賞 4部門で第1位

2018/06/29

当工組は全日本電気工事業工業組合連合会(全日電工連)の「オートリース促進キャンペーン」における4部門で優秀な成績を納めたので、6月28日(木)の全日電工連の総会において表彰されました。
これは、全日電工連オートリース制度の平成29年度の年間活動に対する表彰を行ったもので、全国の各工組に対して、オートリース制度の更なる普及、定着を図り、成約の増加を推進するものであります。
当工組は「ポイントの部 年間の部」、「ポイントの部 キャンペーン期間の部」、「成約組合員数の部」、「チャレンジ部門 U-CAR/マイカーリースの部」でそれぞれ第1位を獲得しました。

第1回埼玉県電気工事技能競技大会を開催

2018/06/27

「平成30年度埼玉県工業高校生ものづくりコンテスト電気工事部門」も同時開催

当工組は、6月23日(土)に、川越市の埼玉県立川越高等技術専門校で第1回埼玉県電気工事技能競技大会並びに平成30年度工業高校生ものづくりコンテスト電気工事部門を同時開催し、技能競技大会に11支部から12選手、ものづくりコンテストに工業高校6校から12選手が出場し熱戦を繰り広げました。

新聞に掲載されました。記事はこちら(PDF)

埼玉建設新聞(30.7.11)に全面記事が掲載されました。記事はこちら(PDF)

「平成30年度埼玉県工業高校生ものづくりコンテスト電気工事部門」では最優秀賞に大宮工業高等学校2年生の横田珠成さん、優秀賞に秩父農工化学高等学校3年生の光武優希さん、優良賞に川越工業高等学校2年生の中居隼さん、特別賞に川越工業高等学校3年生の差形湧馬さんが入賞した。入賞者には埼玉県電気工事工業組合理事長表彰として、沼尻理事長から表彰状とメダルが授与されました。

コンテスト入賞者(左から特別賞の差形さん、優良賞の中居さん、沼尻理事長、優秀賞の光武さん、最優秀賞の横田さん)


 
「第1回埼玉県電気工事技能競技大会」では第1位の最優秀賞に行田支部の田村直也選手(㈱サントー電気工事)に、埼玉県知事賞、第2位の優秀賞は浦和支部の山辺浩平選手(㈱吉田電工)に東京電力パワーグリッド㈱埼玉総支社長賞、第3位の優良賞は志木支部の吉川秀夫選手(㈱市之瀨電設)に(一財)関東電気保安協会埼玉事業本部長賞が埼玉県電気工事工業組合理事長賞としてトロフィーと副賞と合わせて授与されました。

3名の入賞者(左から優秀賞の山辺選手、最優秀賞の田村選手、優良賞の吉川選手)

 
田村選手からは「この大会に向けて羽鳥支部長をはじめとして、青年部会の皆様には最初から最後まで練習に付き合っていただきこの賞を受賞することが出来ました。全国大会では、埼玉県代表の名に恥じぬよう、頑張ってまいりますのでよろしくお願いいたします。」と支部への感謝と全国大会への意気込みを語っていました。

工業高校に第二種電気工事士技能試験講習用資材を贈呈

2018/06/26

~工業高校生電気工事資格取得支援事業~

 当工組は、6月23日(土)の第1回電気工事技能競技大会の表彰式に先立ち、工業高校へ第二種電気工事士技能試験講習用資材の贈呈式を行い、沼尻芳治理事長から埼玉県工業教育研究会電気部会の担当校長である三郷工業技術高等学校の山本康義校長に、上期の技能試験に向けた資材として、約230万円相当分の5種類のケーブル約400把の目録が贈呈しました。
 この事業は、埼玉県工業教育研究会電気部会に所属する11の工業高校に対し、第二種電気工事士試験の技能試験の実技講習で使用する資材を支援し、更に技術指導の講師を派遣し、より多くの工業高校生徒が第二種電気工事士を取得し、埼玉県の若年技術者の育成と製・販・工の電気工事業界への人材の流入を促進し、人材不足の解消を図り、業界の発展に寄与すること目的としています。

新聞に掲載されました。記事はこちら(PDF)

目録を贈呈する沼尻理事長と受け取る山本校長

速報 埼玉県電気工事技能競技大会等の結果について 1位は行田支部の田村氏

2018/06/23

第1回埼玉県電気工事技能競技大会
1位 最優秀賞 田村直也氏 行田支部 (株)サントー電気工事
2位 優秀賞 山辺浩平氏 浦和支部 (株)吉田電工
3位 優良賞 吉川秀夫氏 志木支部 (株)市之瀨電設

埼玉県工業高校生ものづくりコンテスト電気工事部門
1位 最優秀賞 横田珠成さん 大宮工業高等学校
2位 優秀賞 光武優希さん 秩父農工科学高等学校
3位 優良賞 中居 隼さん 川越工業高等学校
4位 特別賞 差形湧馬さん 川越工業高等学校
受賞した山辺氏、田村氏、吉川氏
次のページへ