お知らせ

HOME > お知らせ

RSS

婚活パーティーを開催 電業協会と共催 2組のカップルが成立

2018/11/05

当工組と一般社団法人埼玉県電業協会(岡村一巳会長)は共催で、11月4日(日)午後3時30分からさいたま市南区の建産連会館1階「カフェ ビストロ ルヴァン」で「婚活パーティー」を19名の参加者で開催しました。
この婚活パーティーは(一社)埼玉県電業協会の会員及び当工組の組合員の福利厚生の一環として開催され、今回で4回目となります。
当日は当工組事務局の西川潤主任の司会進行のもと同主任の乾杯の発声の後に、パーティーがスタート。参加者はグループトークタイムで顔合わせをした後に、1対1でのトークタイムでの歓談タイムで終始和やかな雰囲気で交流を深めていました。

司会進行する西川主任


最後にカップリングを行い、2組のカップルが成立し、パーティーが終了しました。
今回のカップル成立で同共催の婚活パーティーでのカップル成立は累計で7組となりました。
(一社)埼玉県電業協会の岡村会長と当工組の沼尻芳治理事長は「この事業は今後も継続して実施していきたいと考えている。」と語っており、次回は平成31年2月3日(日)に同会場で開催する予定です。
 
新聞に掲載されました。記事はこちら(PDF)

調査員合同研修会を実施

2018/11/02

当工組の調査業務委員会(値賀信彦委員長)は一般用電気工作物の調査業務に携わる調査員に対し、調査業務品質の更なる向上を目指し、調査員合同研修会を第1回目は10月20日(土)に44名、第2回目は10月27日(土)に37名、10時から15時まで、埼玉電気会館において実施しました。
研修会は、値賀調査業務委員長の挨拶に始まり、当工組の河野隆常務理事が講師となり、関係法令、契約条項のうち特に仕様書の内容、事故事例、お客様対応等の講義に加え今回から、ビデオ視聴による事故実例を取り入れるなど多岐に亘る研修を実施しました。
新聞に掲載されました。記事はこちら(PDF)

挨拶する値賀委員長


都合により参加できなかった調査員34名に対しても10月31日(水)に、3回目の研修会を行い、計画当初の目標である全調査員の研修を修了しました。
また、講師が一方的に話す、一方通行的な講義ではなく、研修参加者にも意見を求めて発言をさせ、参加者同士の意見交換も実施し、調査員全員が不具合事項を発生させないとの決意を新たにした、非常に有意義な研修会となりました。

熱心に聞き入る調査員

川越高等技術専門校に講師を派遣 太陽光発電の設置指導

2018/10/30

当工組は、10月9日(火)、15日(月)、16日(火)の計3日間、県立川越高等技術専門校(三宅瑞絵校長)で行われた、住宅用太陽光発電システム設置に関する授業に、指導教育委員会の戸口昌志委員長(川越支部長)と山田和昭氏(川越支部㈲山田電気)の2人の講師を派遣しました。
授業は、電気工事科で訓練を受けている生徒を対象に行われ、初日は学科としてシステム構成、設置に関わる設計、据付から運転までの施工手順などの授業を行いました。

新聞に掲載されました。記事はこちら(PDF)
2日目、3日目は学科で学んだことに留意して①スレート屋根への施行②太陽電池アレイ用架台への取り付け③配線工事④動作試験などの実践的な実技の授業を行いました。
最後のパネル設置ではミリ単位の修正を行うなど、受注した仕事における「顧客に対する細やかな配慮、完成時の出来栄えの重要性及びプロとしての心構え」等を生徒たちに指導しました。

埼玉県「IoT化時代の電気安全保安セミナー」について

2018/10/17

埼玉県では、IoTの普及拡大に伴う将来的な電気保安に係る事故のリスク低減を図るため、標記のセミナーが次のとおり開催されます。

1 日時
  平成30年11月19日(月)14時00分~16時30分(開場13時30分)
2 場所
  埼玉教育会館 2階 201・202
  さいたま市浦和区高砂3-12-24
3 内容
(1)IoTの基礎と活用例(14時10分~15時40分)
   講師 (公財)埼玉県産業振興公社 IoTコーディネーター
      山脇 隆司 氏
概要 IoTに関する基礎知識と実社会における活用事例を説明するとともに、実際の導入時における必要な知識や留意点についても示します。
(2)電気関係法令説明(15時55分~16時25分)
   ・電気用品安全法について
   ・電気工事士法・電気工事業法について

優秀施工者国土交通大臣顕彰 飯能支部の後藤修氏、草加支部の三浦幸治氏が受賞

2018/10/05

当工組の飯能支部(後藤健支部長)の後藤修氏(㈱ウェーブゼンケン)及び草加支部(西藤新支部長)の三浦幸治氏(栄廣電設㈱)は、10月5日(金)に東京都港区芝公園のメルパルクホールで行われた、平成30年度「優秀施工者国土交通大臣顕彰」の式典において、建設事業の第一線にあって業務に精励し、常に技術・技能の向上に務め、後進の指導・育成などに多大な貢献をしていることが認められ、建設マスターとして顕彰されました。

顕彰状を手にする後藤氏

顕彰状を手にする三浦氏

埼玉県最低賃金は10月1日から時間額898円となりました。

2018/10/01

第1回埼玉県電気工事技能競技大会記念誌を発刊

2018/09/26

平成30年度第1回電設工業祭を開催 牛山電工㈱と共同開催

2018/09/16

当工組の共同購買委員会(西藤新委員長)は、平成30年度第1回電設工業祭を、9月15日(土)、16日(日)午前10時からに川越市問屋町の協同組合川越バンテアンで開催しました。
今年度の電設工業祭も、より多くの組合員が参加できるよう、組合と取引のある電材業者と共催して3会場で開催を計画しており、その第1回として、牛山電工㈱と共同で開催しました。
会場では、出店メーカー各社が新製品やお買い得商品の展示、販売を行っており、組合員は各ブースを回りながら商談を行っていました。

青年部会がIT推進セミナーを開催

2018/09/12

当工組の青年部会(髙橋英之会長)は9月12日(木)の午前10時からさいたま市北区の埼玉電気会館5階大会議室において、「IT推進セミナー」を開催しました。
 研修会では、青年部会事務担当の西川潤主任が「電気工事業界におきましても、集客から受注そして工事や原価管理をする上でIT化は欠かせない経営ツールになってきています。スピーディーに効率よく仕事を進める、有益な情報をいち早く経営に活かすなど、その重要性はますます高まっています。本セミナーでは、一般社団法人全国設備業IT推進会様に協力頂き、皆様のお役に立つ様々なITの利活用や経営力アップを目的としたセミナーを行います。」などと説明しました。

新聞に掲載されました。記事はこちら(PDF)
その後、石田データサービス㈱の取締役システム営業統括部長の甲斐淳一氏らが講師を務め、拾い出し作業の効率化、確実に利益を生み出す情報の見える化、公共工事における積算ノウハウの蓄積と活用例、スマートフォンによる工事写真・小黒板電子化などについて丁寧に説明し、参加者は真剣に聞き入っていました。

青年部会が事業承継研修会を開催

2018/09/11

当工組の青年部会(髙橋英之会長)は9月11日(火)の午後13時30分からさいたま市北区の埼玉電気会館5階大会議室において、「事業承継研修会」を開催しました。
 研修会では、髙橋会長があいさつした後、㈱ライフプラザパートナーズ新宿FA営業部エグゼクティブファイナンシャルアドバイザーの佐藤利之氏が講師を務め、社長を守る承継のポイントとして、平成30年度税制改正による特例処置を踏まえながら特例処置の概要やその問題点とその対策、株価対策以外に知っておくべき経営知識などについて丁寧に説明し、参加者は真剣に聞き入っていました。

新聞に掲載されました。記事はこちら(PDF)

研修会の様子

前のページへ 次のページへ